回転と機械の働き

「回転」というのは、運動のひとつです。地球も回転しているし、車輪も回転しています。あらゆるものが、何かの作用を生み出すために回転ということをしています。
地球が回転するおかげで、私たちは昼や夜や夏や秋に触れることが出来るわけです。そして、車輪が回転するおかげで、車に乗って遠いところまで行けるわけです。

そんな回転を支えている金属部品について、そしてその部品加工について、ここでは述べていきたいと思っています。
金型というのが、その部品加工では重要な意味を持った言葉として登場します。
「金型」というもの自体は、あらゆる金属部品を製作するときに必要になる技術であり、器具の名前ではありますが、特に今回とりあげる〈ロータリーコネクター〉というものに対しては、特に大切な要素となっています。
というのも、ロータリーコネクターが支えている回転の多くが、特に正確さを必要とするものだからです。自然、部品加工の手にも力が入りますし、そのための技術とあっては金型にも充実度が求められます。

ロータリーコネクターは、コネクターという部品の一種です。ものをコネクトする(繋げる)ための部品、ということになっています。
ここでは、ロータリーコネクターが繋げているものとは何かということを、書いてみたいと思います。また、その部品加工において大切な要素となる金型という技術についても。

オススメリンク

特殊なロータリーコネクターを製造する|ヒサワ技研
エラストマー形成のご相談は|エラストマー射出成形の匠
金型作製・部品加工のご依頼なら|水谷製作所

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし